悪妻論 悪妻論

悪妻‪論‬

    • 5.0 • 1件の評価

発行者による作品情報

昭和時代の日本の作家、坂口安吾(1906年(明治39年)10月20日 - 1955年(昭和30年)2月17日)は日本の小説家、評論家、随筆家。本名は坂口 炳五(さかぐち へいご)。昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家の一人である。この作品は底本の「坂口安吾全集 05」では文学・評論としてまとめられている。初出は「婦人文庫 第二巻第七号」1947(昭和22)年7月1日発行。

ジャンル
小説/文学
発売日
1951年
7月2日
言語
JA
日本語
ページ数
7
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
10.1
KB

似たブック

恋することと愛すること 恋することと愛すること
1999年
男と女とのことは、何があっても不思議はない 男と女とのことは、何があっても不思議はない
2004年
人生は、だまし だまし 人生は、だまし だまし
2005年
快楽主義の哲学 快楽主義の哲学
1996年
寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版) 寂しくもないし、孤独でもないけれど、じゃあこの心のモヤモヤは何だと言うのか(大和出版)
2019年
結婚に遅いということはない 結婚に遅いということはない
2014年

坂口安吾の他のブック

織田信長 織田信長
1952年
堕落論 堕落論
1950年
黒田如水 黒田如水
1947年
桜の森の満開の下 桜の森の満開の下
1951年
特攻隊に捧ぐ 特攻隊に捧ぐ
2004年
白痴 白痴
1950年

カスタマーはこんな商品も購入

ヴィヨンの妻 ヴィヨンの妻
1954年
風の又三郎 風の又三郎
1955年
破戒 破戒
1910年
桃太郎 桃太郎
1928年
春と修羅 春と修羅
1990年
遠野物語 遠野物語
2013年