悲愁中‪宮‬

    • ¥610
    • ¥610

発行者による作品情報

平安時代、権力をほしいままにした藤原一族の中宮定子は、関白・藤原道隆(道長の兄)の娘で、一条帝の皇后となった。幸せそうに見えた定子の運命は、父の死を境に、道長の老獪な陰謀にかかり、あえなく散った……。政略結婚の悲劇をまざまざと描いた、直木賞作家による長編ロマン。

ジャンル
小説/文学
発売日
1987年
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
728.7
KB

安西篤子の他のブック

2014年
2014年
2014年
2018年
1991年
1997年