悲愁中宮 悲愁中宮

悲愁中‪宮‬

    • ¥610
    • ¥610

発行者による作品情報

平安時代、権力をほしいままにした藤原一族の中宮定子は、関白・藤原道隆(道長の兄)の娘で、一条帝の皇后となった。幸せそうに見えた定子の運命は、父の死を境に、道長の老獪な陰謀にかかり、あえなく散った……。政略結婚の悲劇をまざまざと描いた、直木賞作家による長編ロマン。

ジャンル
小説/文学
発売日
1987年
8月25日
言語
JA
日本語
ページ数
304
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
728.7
KB

安西篤子の他のブック

<徳川家と江戸時代>名君?暗君? 徳川綱吉の善政と放埓 <徳川家と江戸時代>名君?暗君? 徳川綱吉の善政と放埓
2014年
<六角承禎と戦国時代>名門VS新興勢力 六角承禎と信長の台頭 <六角承禎と戦国時代>名門VS新興勢力 六角承禎と信長の台頭
2014年
<豊臣家臣団と戦国時代>天下獲りの功労者 豊臣秀長の忠誠心 <豊臣家臣団と戦国時代>天下獲りの功労者 豊臣秀長の忠誠心
2014年
クラシック リバイバル 日本名城紀行6 クラシック リバイバル 日本名城紀行6
2018年
<戦国時代の女たち>波瀾万丈! 武将の妻と戦国時代 <戦国時代の女たち>波瀾万丈! 武将の妻と戦国時代
2014年
<徳川家と江戸時代>幕府の礎を築いた徳川家光の治世と生涯 <徳川家と江戸時代>幕府の礎を築いた徳川家光の治世と生涯
2014年