• ¥850

発行者による作品情報

笑子が神戸で被災した日、母親は若い親戚の
男・兵吾と寝ていた。男に狂った母、知らぬ顔
の父、引きこもりの兄、職を失った自分――。
悲惨な現実から逃げるように、笑子は結婚し
東京へ。しかし子供ができず、家庭にも確か
な居場所を作れない。そんな中、兵吾と再会。
日常に背を向けて情交に溺れてゆく二人を
3・11の激震が襲う。生き場なき女の物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
324
ページ
発行者
幻冬舎
販売元
Gentosha Inc.
サイズ
1.4
MB

花房観音の他のブック