情報の悪意 科学ファクトを潰す者た‪ち‬

    • 5.0 • 1件の評価
    • ¥1,500
    • ¥1,500

発行者による作品情報

すべては何者かの作為によって動いている。
われわれを操ろうとしているすべての権力者に
いまこそ「NO」を言うときだ!

政治家の欲得、メディアの偏向
既得権益者たちの利己主義な思惑が
コロナ禍、環境問題、教育をいかにミスリードし
この国を貶めてしまうのか――。

武田教授、憂国、挺身の緊急刊行!


はじめに 権力者に騙されないために

第1章 政治とメディアが引き起こしたパニック
政府と御用学者に操られた報道
日本ではありえない事態を徹底して煽る
パンデミックの収束をメディアは喜んでいない
報道を否定する述べる者に向けられる目…他

第2章 私しか言うことのできないコロナ禍の真実
コロナ禍の停滞は国家とメディアがつくった
陽性者を感染者としてカウントするトリック
ワクチン接種は「実験に参加する」ということ
不都合な動画はYouTubeから抹消される…他

第3章 プラゴミの情報はここまで操作されていた
人気の政治家はなぜ浅薄に環境問題を語るのか
ネガティブキャンペーンと芸能人コメンテーター
環境運動家に利用されたビニールハウス問題
科学のファクトを否定する過激団体とメディア
環境改善を叫べば「お金になる」…他

第4章 ダイオキシン、ペットボトル問題の暗部
キッチンでは毎日ダイオキシンが発生している
報道によって巨額の税金が動いた裏事情
「レジ袋を有料化」でほくそ笑んだのは誰か
石油の消費が加速するリサイクルの実態…他

第5章 世界をミスリードしたこの「名著」たち
DDTを使用できなくさせた『沈黙の春』の罪
『複合汚染』はノンフィクションか小説か
『奪われし未来』と「環境ホルモン」の誤解
「外国人は正しい」と考える日本人…他

第6章 未来の世代に作為を刷り込む教育の現場
日本だけでしか通用しない「間違った教育」
『二十四の瞳』の時代に近い文部科学省の感覚
環境問題の副読本に潜む文科省の意図
環境問題を打ち出の小槌にしておきたい面々…他

第7章 子どもたちに教えたい環境問題
「森林を増やせば二酸化炭素が減る」のウソ
森林を保護したことで増加した病気があった
石油系エネルギーはあと1万年分は埋蔵
省エネとは経済と社会の努力を止めること…他

第8章 大気汚染、郊外はこうして利用される
環境問題と「世界三大人口調整者」の犠牲者
「黄砂」と「PM2・5」はまったくの別物だ
黄砂との混同で反中国をけしかける政府…他

おわりに 支配者は「幻」をつくって支配をする

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2021年
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
徳間書店
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.9
MB

武田邦彦の他のブック

2013年
2014年
2014年
2009年
2011年
2014年