情死の罠 素浪人始末記(二) 情死の罠 素浪人始末記(二)
ブック第2巻 - 素浪人始末記

情死の罠 素浪人始末記(二‪)‬

    • ¥850
    • ¥850

発行者による作品情報

情死と思われた男女の遺体に潜む陰謀とは


仇討ちの助太刀ののち、死んだと思われた松沼平八郎。

しかし、実は藩命により名を流源九郎と変え、素浪人として市井に潜んでいた。

ある日、その素性を知る高見尚吾が源九郎のもとを訪ねる。

先月、空き家で女中と武士の死体が見つかり、情死と思われていたが、

高見はその背後関係を極秘に調べてもらいたいと源九郎に頼み――。


大好評書き下ろし、第二弾!

ジャンル
小説/文学
発売日
2024年
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
951.7
KB

小杉健治の他のブック

父からの手紙 父からの手紙
2006年
絆 絆
1990年
札差殺し 札差殺し
2004年
忘れえぬ 風烈廻り与力・青柳剣一郎 忘れえぬ 風烈廻り与力・青柳剣一郎
2024年
家族 家族
2013年
父と子の旅路 父と子の旅路
2005年

このシリーズの他のブック