• ¥950

発行者による作品情報

現象学こそがわれわれがとりうるもっともラディカルな哲学態度であり、そして、その可能性をさらに推し進めることのなかにこそ、現代思想の混迷を突破する道がある。著者の哲学的デビューの書であり、その原点をいまもくっきりと指し示す本書は、読者に哲学することの意義と歓びを感じさせずにはおかない。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1993
6月7日
言語
JA
日本語
ページ数
291
ページ
発行者
筑摩書房
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
925
KB

竹田青嗣の他のブック