• ¥1,000

発行者による作品情報

終戦直後「皇居前広場」という言葉が性交を連想させるほど野外性交は一般的だった。しかし、待合・ソバ屋・円宿などの施設が生まれ屋内で愛し合うようになった。日本の性愛空間の歴史を辿る建築史の決定版。

ジャンル
暮らし/家庭
発売日
2015
10月24日
言語
JA
日本語
ページ数
308
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
6.4
MB

井上章一の他のブック