憂き世店 松前藩士物‪語‬

    • 3.5 • 4件の評価
    • ¥630
    • ¥630

発行者による作品情報

鎖国体制がゆらぎはじめた江戸末期。浪人となった相田総八郎とその妻なみは、江戸・神田三河町の裏店に移り住む。個性豊かな長屋の住人たちや共に帰封を願う元松前藩士たちとの、貧しくも温かい暮らしを、丹念に情感たっぷりに描く、傑作長編時代小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2007年
10月10日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
朝日新聞出版
販売元
Asahi Shimbun Publications Inc.
サイズ
2.6
MB

宇江佐真理の他のブック

2014年
2000年
2004年
2013年
2005年
2008年

カスタマーはこんな商品も購入

2016年
2014年
2022年
2019年
2015年
2015年