我が子の‪死‬

    • 4.1 • 7件の評価

発行者による作品情報

この作品は書いている、西田幾多郎(にしだきたろう、1870年5月19日(明治3年4月19日)-1945年(昭和20年)6月7日)は、日本を代表する哲学者。『我が子の死』は底本の「西田幾多郎随筆集」では「家族&関係」としてまとめられている。初出は「国文学史講話」藤岡作太郎著、1917(明治40)年。

ジャンル
小説/文学
発売日
1909年
3月31日
言語
JA
日本語
ページ数
8
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
11.9
KB

西田幾多郎の他のブック

1993年
1993年
1940年
2013年
2015年
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

2013年
1920年
1921年
1911年
1945年
1955年