我が老後 我が老後
    • ¥660

発行者による作品情報

「十一月がくれば私は満六十七歳になる。」――妊娠中の娘から2羽のインコを預かったのが受難の始まり。けたたましく啼くわ人の耳は齧るわで、平穏な生活はぶちこわし。一難去ってまた一難。今度は娘が持ち込んだ仔犬に安眠を妨げられる。揚句の果てに、孫のお守りだと?もう、ええ加減にせえ!ああ、我が老後は日々これ闘いなのだ。


2024年映画公開の『九十歳。何がめでたい』に連なる、痛快抱腹老後エッセイシリーズ第1弾。


※この電子書籍は1997年3月に文藝春秋より刊行された文庫版を底本としています。

ジャンル
小説/文学
発売日
1997年
3月7日
言語
JA
日本語
ページ数
208
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
834.8
KB

佐藤愛子の他のブック

冥途のお客 冥途のお客
2007年
増補版 九十歳。何がめでたい 増補版 九十歳。何がめでたい
2021年
九十八歳。戦いやまず日は暮れず 九十八歳。戦いやまず日は暮れず
2021年
気がつけば、終着駅 気がつけば、終着駅
2019年
私の遺言 私の遺言
2005年
それでもこの世は悪くなかった それでもこの世は悪くなかった
2017年

このシリーズの他のブック

なんでこうなるの 我が老後2 なんでこうなるの 我が老後2
1998年
だからこうなるの 我が老後3 だからこうなるの 我が老後3
2000年
そして、こうなった 我が老後4 そして、こうなった 我が老後4
2003年
それからどうなる 我が老後5 それからどうなる 我が老後5
2006年
まだ生きている 我が老後6 まだ生きている 我が老後6
2009年