• ¥730

発行者による作品情報

明治・大正・昭和と、三井財閥のトップとして、日銀総裁として、大蔵兼商工大臣として、怒濤の人生を走り抜けた池田成彬——。しかし、日本の財界をリードしつづけたその業績と較べると、彼の名前はあまりにも知られていない。金融恐慌、2・26事件、そして太平洋戦争と、逆風吹き荒れるなか、世間の悪評を物ともせずに突き進み、歴史の荒波に消えていった池田成彬の人生に光を当てた長編小説。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014
2月10日
言語
JA
日本語
ページ数
380
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
3.6
MB

江上剛の他のブック