戦争・革命・テロの連鎖 戦争・革命・テロの連鎖

戦争・革命・テロの連‪鎖‬

中東危機を読む

    • ¥2,200
    • ¥2,200

発行者による作品情報

1994年から2014年まで、中東各地に赴任し、イラク戦争や「アラブの春」、「イスラム国」(IS)出現等の「中東危機」に接してきたジャーナリストが10年ごとに繰り返される矛盾の正体と危機噴出の構図を捉える!

ジャンル
歴史
発売日
2022年
8月3日
言語
JA
日本語
ページ数
257
ページ
発行者
彩流社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
4.3
MB

川上泰徳の他のブック

「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想 「イスラム国」はテロの元凶ではない グローバル・ジハードという幻想
2016年
ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか――取材現場からの自己検証 ジャーナリストはなぜ「戦場」へ行くのか――取材現場からの自己検証
2015年