戦国時代と一向一‪揆‬

    • ¥1,800
    • ¥1,800

発行者による作品情報

高校の日本史の教科書では一向一揆は単にその名称が書かれているだけで、その具体的な内実が説明されることはほとんどなく、仮に説明があったとしても、浄土真宗本願寺派の門徒が中心的な役割を果たした一揆だった、という簡略な記述にとどまることが多い。

しかし、門徒らの行動の源泉は必ずしも信仰にもとづいたものばかりではなかった。

では戦国の時代とほぼ時期が重なる一向一揆とはそもそもどのような闘争で、構成員らを突き動かしていた行動原理とはなんだったのか。



本書は一括りでは捉えきれない一向一揆の多様さと面白さを、地域や時代、そして宗主(八代宗主・蓮如~十一代宗主・顕如)の変遷とともに追い、明らかにする。一向一揆入門に最適の書。



【一向一揆は、戦国時代の幕開けに活躍した八代宗主蓮如の時代に始まり、戦国末期に織田信長と死闘を繰り広げた十一代宗主顕如の時代に終結する。まさに、戦国時代と一向一揆の時代は、ほぼ重なっているのだが、この間の宗主(蓮如・実如・証如・顕如)の立場や彼らを取り巻く社会情勢は大きく変遷しており、それは一向一揆にも影響を及ぼしている。そのため、各宗主の時代に即した一向一揆について、その特徴を提示しなければならないと考える。】......「はじめに」より

ジャンル
歴史
発売日
2021年
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
225
ページ
発行者
文学通信
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
7.5
MB

日本史史料研究会 & 竹間芳明の他のブック

2020年
2020年
2020年
2020年