• ¥880

発行者による作品情報

仙台城を包囲され、空前の火力によって砲撃を受けた政宗は、カノン砲を仙台城に設置し、家康のカルバリン砲を鎧井楼ごと打ち崩すが籠城戦はしばし膠着状態が続いた。やがて、優勢にあった家康の軍陣に、凶報がもたらされる。清洲城にあった秀忠が、勝手に上方へと軍を駐留させ、そのため京の風紀は乱れ、町人から徳川軍への怨嗟の声があがり始めたというのだ。動揺の走る徳川軍に、政宗の常識を覆す一撃が襲いかかった!

ジャンル
小説/文学
発売日
2002
1月29日
言語
JA
日本語
ページ数
238
ページ
発行者
学研プラス
販売元
BOOK BEYOND Co., Ltd.
サイズ
4.3
MB

中里融司の他のブック

このシリーズの他のブック