• ¥1,100

発行者による作品情報

戦後の「正義」に抗い、自身の「私情」に忠実であることを表明した「戦後と私」、三島由紀夫、石原慎太郎、大江健三郎を論じた卓越した批評「神話の克服」。「私」三部作ほか、癒えることのない敗戦による喪失感と悲しみを文学へと昇華した批評・随想集。自作回想「批評家のノート」初収録。
〈解説〉「江藤淳と『私』」平山周吉
【目次】

文学と私/戦後と私/場所と私/文反古と分別ざかり/批評家のノート


伊東静雄『反響』/三島由紀夫の家/大江健三郎の問題/神話の克服


現代と漱石と私/小林秀雄と私

解説 江藤淳と「私」(平山周吉)

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2019
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
320
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.3
MB

江藤淳の他のブック