• ¥800

発行者による作品情報

青森県五所川原市にある一軒の農家の屋根裏から、膨大な数の古文書が発見された。当初は新たな古代文明の存在に熱狂する地元。ところが1992年の訴訟をきっかけに、その真偽を問う一大論争が巻き起こった。この「東日流外三郡誌」を巡る戦後最大の偽書事件を、東奥日報の一人の青年記者が綿密な取材を重ね、偽書である証拠を突き付けていく──。事件後見えてきた新たな考察を加えた迫真のルポ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2019
3月20日
言語
JA
日本語
ページ数
464
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
16.2
MB

斉藤光政の他のブック