• ¥600

発行者による作品情報

この1冊で、戦闘機の真実ががまるっと分かる!

若手軍事評論家が、戦闘機をなるべく専門用語を使わず丁寧に解説。


・戦闘機の形にはどんな種類がある?

・戦闘機のCPUはゲーム機以下!?

・ステルス、オフボアサイト攻撃、ネットワーク戦とは何?

・未来の戦闘機はどう変化していく?


戦闘機の役割・種類から、メカニズム、操縦・戦闘方法、新技術、未来の戦闘機の形まで、戦闘機にまつわる基礎知識をわかりやすく解説しました。


あわせて、「世界各国の空軍戦力分析」や「戦闘機ランキング」「航空自衛隊の戦闘機パイロットや整備士へのインタビュー」も収録しています。


「戦闘機のソフト面」を重点的に解説!

現代戦闘機にとって最も重要なのは、飛行性能などハード面ではなく、ネットワーク能力などのソフト面です。


しかしソフトウェアや情報技術は、機体スペックなどと比べると分かりにくい部分があります。

そこで本書は、それらソフト面について重点的に解説しました。


これらを理解すれば、スペックだけではない、「新しい戦闘機の見方」ができ、戦闘機の真贋が見極められるようになるはずです。


特集記事も充実

あわせて、

「世界各国の空軍戦力分析」や「役割ごとに分析した戦闘機ランキング」


さらに、特集記事として

「航空自衛隊の戦闘機パイロットや整備士へのインタビュー」も収録しています。


目次

1 戦闘機の基本

ーー戦闘機の種類や素材、速度、レーダーなど基本の「き」について解説

2 戦闘機をもっと楽しむ

ーー戦闘機パイロットはどう育成される? 空中戦がどう行なわれるか?など製造や運用などについても解説

特集 日本の戦闘機部隊

ーー航空自衛隊の戦闘機パイロットや検査隊員に、任務内容についてインビュー

3 21世紀型戦闘機

ーーネットワーク能力とは何か? ステルスとは何か?など戦闘機のソフト面や新技術について解説

4 世界各国の戦闘機事情

ーー航空自衛隊からアメリカ、ロシア、中国など世界各国の戦闘機戦力を分析

5 いろいろランキング

ーー速度・大きさなどの特徴や、ドッグファイト・対地攻撃など用途について戦闘機をランキング分析!

6 付録

ーー最新の爆撃技術や戦闘機が活躍する映画・マンガについて紹介


著者略歴

関 賢太郎(せき・けんたろう)

航空軍事評論家・写真家。1981年生まれ。世界を渡り歩き各国の航空事情を独自取材、自サイト上に発表していたことがきっかけとなりプロデビュー。時代を問わぬ幅広い知識と、最先端テクノロジーへの深い造詣を併せ持ち、分かりやすい解説を得意とする。数少ない若手として月刊『丸』(潮書房光人社)など複数の軍事・航空専門誌やネットメディアにおいて活躍中。

著書に『戦闘機と空中戦(ドッグファイト)の100年史』(潮書房光人社)、『すべてがわかる零戦入門』(実業之日本社)、『戦闘機の秘密』『自衛隊機の秘密』(PHP研究所)、『第二次世界大戦 最強戦闘機Top45』(ユナイテッド・ブックス)、『F-2「超」入門』『F-35「超」入門』(小社)など。


出版社からのコメント

スペックやメカニズムを事細かに単調に解説するのではなく、語弊を恐れず誰でも分かりやすいように解説してあります。

マンガやゲームなどで戦闘機に興味をもった方には、興味深く読んでいただけるのではないかと思います。


※本書は、酣燈社から発行された別冊『戦闘機入門』に加筆・再編集を行ない、情報をアップデートしたものになります。

ジャンル
職業/技術
発売日
2017
10月14日
言語
JA
日本語
ページ数
192
ページ
発行者
パンダ・パブリッシング
販売元
Panda Publishing
サイズ
69.7
MB

関賢太郎の他のブック