推しのアイドルをストーカーから助けたら「一緒に寝て」と迫られた 推しのアイドルをストーカーから助けたら「一緒に寝て」と迫られた

推しのアイドルをストーカーから助けたら「一緒に寝て」と迫られ‪た‬

    • ¥400
    • ¥400

発行者による作品情報

主人公・千葉幸也(通称:ちばせん)は5年前から推しのアイドルがいる。
その推しの名は山村あずさといい、人気のアイドルグループの一員である。
今でこそ推しのアイドルを追いかけCD購入や握手会遠征を行っている幸也だったが、その前まではアイドルヲタクの行動を見て笑っている側の人間だったのだ。
そして、とある握手会の帰り道、女性の悲鳴が聞こえたので行ってみると、女性がストーカーに襲われる寸前だった。
腕力に自信のある幸也はストーカーを抑えつけ、警察を呼んだのだ。そして、この被害者の女性はなんと推しのあずさだったのだ。
その後、幸也のヲタ卒騒動があった後、あずさが隣りの部屋へと引っ越してきた。
それに加えて「ちばせんが好き」と言ってくるあずさと距離が縮まってきたかと思うと、やはりそうはいかなかったのだ・・・
夢で見ている推しとヲタクとの恋愛物語をぜひ!

ジャンル
小説/文学
発売日
2024年
2月22日
言語
JA
日本語
ページ数
26
ページ
発行者
沙乃蔵出版
販売元
sanozo
サイズ
204.5
KB

さのぞうの他のブック

姉夫婦が亡くなった後、姪を育てた結果… 姉夫婦が亡くなった後、姪を育てた結果…
2024年
マッチングアプリで3人とマッチングして一番地味子が一番美女で理想の童貞卒業だった マッチングアプリで3人とマッチングして一番地味子が一番美女で理想の童貞卒業だった
2024年
元教え子が俺を追って会社に入社してきたので処女を奪ったらエッチ女に変身した 元教え子が俺を追って会社に入社してきたので処女を奪ったらエッチ女に変身した
2024年
俺の性癖を知られてしまったら逆にグイグイアピールされた 俺の性癖を知られてしまったら逆にグイグイアピールされた
2024年
塩対応の後輩が義妹になったので優しくしたら惚れられた 塩対応の後輩が義妹になったので優しくしたら惚れられた
2024年
会社の『高嶺の花』は実は処女だった ~童貞と処女のラブストーリー~ 会社の『高嶺の花』は実は処女だった ~童貞と処女のラブストーリー~
2024年