• ¥1,500

発行者による作品情報

あなたは、今の自分が好きですか?
自分を変えたいと思いますか?
「でも努力しなきゃいけないなら、このままでいいか」
などと思っていませんか?

自分自身を見つめ直し、自分を変えることは、
努力と根気が必要な作業です。

しかし、何気なくしている些細なことに気づき、
変化させるだけで、自分を変えられるとしたらどうでしょうか?

普段、私たちは、何気なく“損なこと”をしています。
そのため、
「なんとなくうまくいかないな~」
「なんでもっとよくならないんだろう」
と人生に対してネガティブな感情が生じるのです。

しかし、“得なこと”に変えるだけで、人生は好転します!

本書では、そんな自分自身の“損なこと”を見直し、
“得なこと”に変えていくための18この思考法をご紹介します!

■目次

・プロローグ
●Chapter1 自分との関わり方での「損」をやめる
・その1 自分虐待をしない
・その2 自分中心になる
・その3 バカになる
・その4 リミッターをはずす

●Chapter2 人との関わり方での「損」をやめる
・5 感情の奴隷にならない
・6 トラベルメーカーになってみる
・7 ネガティブな意見に感謝する
・8 卑怯者を卒業しよう

●Chapter3 仕事のやり方での「損」をやめる
・9 AIに負けない
・10 平凡転じて非凡となる
・11 スケジュール帳をガラガラにする
・12 「何でも屋」にならない
・13 即答する
・14 かなり適当にスタートする

●Chapter4 生き方での「損」をやめる
・15 他人と競わない
・16 不安や心配の正体を知る
・17 戦略的に利他的になってみる
・18 どう死にたいかを明確にする
・エピローグ

■著者 三浦将(みうら しょうま)
(株)チームダイナミクス 代表取締役。人材育成・組織開発コンサルタント/エグゼティブコーチ。
英国立シェフィールド大学大学院修了(理学・経営学修士)。
「自分を変える習慣力」を始めとする著書のシリーズ累計は20万部突破。
「コミュニケーションの質が企業を変える」と言う観点から、
アドラー心理学やコーチングコミュニケーションを基にしたユニークかつ
効果的な手法で企業の人材開発や組織開発をサポート。また、メンタルコーチとして、
元冬季オリンピック日本代表アスリート、ベンチャー経営者、医療関係者などをはじめとする多くの人々に、
クライアントが“最も輝く瞬間を実現化する”コーチングを実践中。
著書に『自分を変える習慣力』や『相手を変える習慣力』、『チームを変える習慣力』(クロスメディア・パブリッシング)、
『コーチングのプロが教える 「できる自分」を呼び覚ます一番シンプルな方法』(PHP研究所)などがある。

ジャンル
健康/心と体
発売日
2020
7月9日
言語
JA
日本語
ページ数
216
ページ
発行者
あさ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.7
MB

三浦将の他のブック