• ¥500

発行者による作品情報

本書は2016年11月に発行した『熊本地震体験記 震度7とはどういう地震なのか? 』にその後の復興状況を追加した改訂版です。

2016年4月14日に発生した熊本地震。震源地の益城町に実家のある著者は地震の報を受け急遽熊本へ。そこで遭遇した深度7の本震。著者自身も被災者となり避難所生活が始まりました。

本書は熊本地震を身を持って体験した著者が、自らの体験をありのままに綴った震度7の大地震のレポートです。地震の現場で何を見て、どういう気持ちに襲われたか、そこで何を考え、どうしたか。避難所で、被災地で、復旧の現場で、著者が自身の目で見て感じたことをありのままに報告します。

地震と火山の国日本では、いつでもどこでも、そしてだれにでも起こりうる災害です。著者の体験は決して人ごとではありません。

全ての人に本書をぜひ役立ててほしいと思います。

【目次】

●地震発生(前震)

故郷で大地震発生/熊本空港到着/両親の無事を確認/実家の状況を確認/就寝


●本震発生

「本震」に遭遇!/外は真っ赤/翌朝の惨状/もし前震がなく、いきなり本震だったら


●避難所生活

避難所/避難所で足りなかったもの/水/食事/トイレ/電気・ケータイ充電/救援物資/職員の方々/自衛隊/赤十字/コミュニティができてきた/メディアの使われ方/マスメディアの取材状況/私のIT利用/余震


●周辺の状況

電気、ガス、水道/道路、交通/お店/車中泊の方々/悲しかったこと


●避難所からの救出

避難所から出なければ/貴重品の取り出し/本当に大事なものは /ブルーシート/励ましの言葉/空港再開、東京へ


●GWに再び熊本へ

家の片づけ/ボランティアが来てくれた/水が大事/片付けはサバイバル/家の構造と耐震/ボランティアの力について/り災証明の申請


●被災手続きと公的支援

公的支援/益城町のホームページ/り災証明書の発行待ち/仮設住宅の受付始まる


●住み慣れた故郷からの移転

避難所からの移転/仮設住宅当選


●全壊判定、父との別れ、帰郷 

実家のその後/父死去、そして帰郷/仮設住宅での生活/母の転院


●復興に向けて

益城町のその後/仮設生活の充実 /さあ復興だ/復興同窓会(2017年8月)/実家の再建開始 /所感


●教訓・提案

私が確信した教訓/こうなっていればいいのに、と思ったこと

ジャンル
科学/自然
発売日
2021年
4月14日
言語
JA
日本語
ページ数
68
ページ
発行者
インプレスR&D
販売元
Impress Communications Corporation
サイズ
55.2
MB

井芹 昌信の他のブック

このシリーズの他のブック