• ¥1,100

発行者による作品情報

世のタブーといえば「政治」と「宗教」
なぜ!? 対立は生まれるのか?

グローバル化につきものの異文化コミュニケーションにおいて、
大人の常識として必須の「政治」と「宗教」の知識を、
元キャリア官僚で政治評論家の著者がわかりやすく解説した1冊です。

◎日本図書館協会選定図書

話題のタブーとされがちな「政治」と「宗教」だからといって、
あなたが知らなさすぎるのが心配です。
困ったことになる前にぜひ読んでおいてほしい、
元キャリア官僚作家が書いた「大人の常識」

例えば、皆さんはこういうことを知っていましたか?

・宗教団体は勝手に作れます

・戒名は勝手につけることができます。あなたの戒名の付け方

・大僧正や阿闍梨は、勝手に名乗れます

・昔はイスラム教国でもユダヤ教とキリスト教が共存できました

・神父になるのは、一定の勉強が必要ですが、牧師は勝手になれます

・政治家とのツーショット写真の撮影方法

・人間はイメージや肩書きに騙されます

・大寺院も破産したら乗っ取られることがあります

・祈ったら英単語が出てくることはありません

・大学には過激派や新宗教のダミーサークルがあります……etc.

国際化で政教分離が世界各国で、進んではいますが、
文化(考え方や価値観)のベースに宗教があるのです。

身近な話題(社会のしくみ)と、世界と日本を知るのに必要な大きな話題(宗教、政治)の
両方を織り交ぜながら、読んでいただけるように工夫して執筆しました。

●多くの読者の謎
・生前戒名
・在家得度
・お墓
・戒名
・葬式
といった日本の宗教界のしくみについても解説しました。

【釈迦の教えには、お墓も戒名も葬儀もありません。そもそもあの世の話を釈迦はほとんどしていない】

社会のしくみを理解するために、歴史や宗教、法律、心理学等の基礎的な知識も書きました。
お気軽に楽しんでお読みください。

■目次

●第1章 よくわかる宗教のしくみ

●第2章 よくわかる世の中のしくみ―○○信仰

●第3章 よくわかる政治と社会のしくみ

●第4章 よくわかる宗教と自己啓発セミナーの元ネタのしくみ

■著者 林雄介

ジャンル
健康/心と体
発売日
2013
6月5日
言語
JA
日本語
ページ数
272
ページ
発行者
マガジンランド
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.3
MB