発行者による作品情報

『教育の最大目的』は、日本の教育者・思想家。農業経済学・農学の研究も行っていた、新渡戸稲造。この作品は底本の「「新渡戸稲造論集」岩波文庫、岩波書店」では「評論・文学研究」としてまとめられている。初出は「精神修養 二巻八号」精神修養社 1911(明治44)年8月1日。

ジャンル
職業/技術
発売日
1915
8月1日
言語
JA
日本語
ページ数
4
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
9
KB

新渡戸稲造の他のブック