斬られの仙‪太‬

発行者による作品情報

『斬られの仙太』は、昭和初期から終戦後の復興期にかけて活動した小説家、劇作家三好十郎。この作品は底本の「「叢書名著の復興1 恐怖の季節」ぺりかん社」では「文学・評論」としてまとめられている。初出は「斬られの仙太」ナウカ社 1934(昭和9年)4月。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
1938年
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
202
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
156.4
KB

三好十郎の他のブック

1993年
1993年
2015年
1993年
1956年
1944年

カスタマーはこんな商品も購入