• ¥1,200

発行者による作品情報

PCR検査は本当に必要なのか。やっと始まった新型コロナウイルスのワクチンに本当に安全なのか。著書『本当はこわくない新型コロナウイルス』(小社刊)で新型コロナウイルスの「正しい怖がり方」を説いた井上正康氏(大阪市立大学名誉教授)が医学的見地からコロナの知見を展開。
さらに、松田学氏が新型コロナ騒動で大きく様変わりした日本の政治、経済、メディアなどの社会現象の舞台裏を鋭く分析し、二人の対論としてここまでの新型コロナウイルスに対する考え方を紹介する。

ジャンル
職業/技術
発売日
2021年
5月14日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
方丈社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
3.3
MB

井上正康 & 松田学の他のブック