新幹線 お掃除の天使たち(あさ出版電子書籍‪)‬

    • 3.0 • 1件の評価
    • ¥1,100
    • ¥1,100

発行者による作品情報

◆著者のコメント
テッセイはJR東日本の子会社で、そこで働く820人の人たちの主な仕事は新幹線や新幹線駅構内の清掃です。下請けの、おじさんやおばさんばかりの、お掃除の会社。ちょっと素敵なことなど起こりそうもない会社で、私は数多くの胸を打つエピソードに接し、「世界一」と言っていいほどの現場力を目にすることになりました。プロの仕事ぶりには目を見張りますし、礼に始まり礼に終わる姿勢には大変にすがすがしいものを感じます。決して「特別な会社」ではないけれど、「きらきら輝くふつうの会社」、それがテッセイなのだと思います。

■目次

はじめに
プロローグ なぜ新幹線の車両清掃会社がこれほど私たちの胸を打つのか?
●第1部 「新幹線劇場」で本当にあった心温まるストーリー
~エンジェル・リポートから~
・NO1 真っ赤なプライド
・NO2 ピカピカのトイレ
・NO3 酔っぱらいの簀巻き
・NO4 わたしの仕事はおかあさん
・NO5 グレーのハンチング帽
・NO6 がんばるぞ! 日本
・NO7 駅の中の接客業
・NO8 見送りはわたしが
・NO9 赤ちゃんの靴下
・NO10 お命、預かっています
・NO11 新幹線の運転士からお掃除へ

●第2部 「新幹線劇場」はどのように生まれたのか?
~「最強のチーム」が誕生する2500日の物語~
おわりに リスペクトとプライド

◆著者はこんな人
遠藤功(えんどう・いさお)
早稲田大学ビジネススクール教授。株式会社ローランド・ベルガー会長。
早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。
三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。
早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。
また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。戦略策定のみならず実行支援を伴った『結果の出る』コンサルティングとして高い評価を得ている。
『現場力を鍛える』はビジネス書評誌「TOPPOINT」の「2004年読者が選ぶベストブック」の第1位に選ばれた。『見える化』は2006年(第6回)日経BP・BizTech図書賞を受賞。

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2012年
8月28日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
あさ出版
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
11.4
MB

遠藤功の他のブック

2018年
2014年
2011年
2021年
2012年
2020年