• ¥1,400

発行者による作品情報

シリーズ70万部突破の「人間学講話」第二集。
政財官界の指南役が記した「最高の教養書」が新装版で登場!

【著者紹介】
安岡正篤(やすおか・まさひろ)
1898(明治31)年、大阪市生まれ。
大阪府立四条畷中学、第一高等学校を経て、1922(大正11)年、東京帝国大学法学部政治学科卒業。東洋政治哲学・人物学を専攻。
同年秋に東洋思想研究所、1927(昭和2)年に(財)金〓(けい)学院、1931(昭和6)年に日本農士学校を設立。
東洋思想の研究と人物の育成に従事。
戦後、1949(昭和24)年に師友会を設立。
広く国民各層の啓発・教化につとめ1983(昭和58)年12月鬼籍に入る。

【目次より】
◆活人 活学
□現代に生きる「野狐禅」―不昧因果の教え
□家康と康煕帝―守成の原理について
□漢帝のマネー哲学―金を負む者は負ける
◆「人間」を創る
□「人間」を創る―親と師は何をなすべきか
□父親はどうあるべきか―細川幽斎と西園寺公望
□「道徳」の美学
□東洋哲学からみた宗教と道徳
◆運命を展く
□中年の危機―樹に学ぶ人生の五衰
□大成を妨げるもの―“専門化”の陥し穴
□夢から醒めよ―邯鄲の夢
□運命を展く―人間はどこまでやれるか
◆養生と養心
□養生と養心―易学からみた心と体の健康法
□「敏忙」健康法

ジャンル
健康/心と体
発売日
2015年
4月4日
言語
JA
日本語
ページ数
269
ページ
発行者
プレジデント社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.6
MB

安岡正篤の他のブック

このシリーズの他のブック