新訳「ペスト‪」‬

    • 4.0 • 1件の評価
    • ¥800
    • ¥800

発行者による作品情報

この新訳『ペスト』は、新型コロナウィルスが人類史上初めて全世界に蔓延した新しいウィルスがなかなか収束しない中で、アルベール・カミュの『ペスト』が改めて話題になったことが引き金である。第二次世界大戦直後の1947年にフランスで出版され、1950年に日本語訳が出た『ペスト』は、当時、戦争やロシア革命やユダヤ人問題といった国家間の対立に背を向けた時代錯誤の小説と思われた。短期間の日本語訳の翻訳力には頭が下がるが、どうしても時代背景を反映した古色と情報不足は否定できないのも確かだ。

当時、東西冷戦や紛争の中に埋没した『ペスト』は、実は、政治思想や体制の異なる国々に、いわば平等に災厄をばらまく病気が蔓延するという未曾有の出来事が起こりうることを予言していた。今日のコロナ禍のなかで、われわれはその先見性に改めて驚いた。

原文を最後まで読みすすめると、アルベール・カミュが今、自分たちが見ている世界の現状を予知しているかのような作品を73年も前に書いていることに感動を新たにした。今回、この新訳をもって同時代の日本人の皆さんにもう一度『ペスト』を読み返してもらう機会にしていただければ幸いである。

ジャンル
ロマンス
発売日
2020年
12月20日
言語
JA
日本語
ページ数
269
ページ
発行者
デジタルエステイト株式会社
販売元
Digitalestate INC
サイズ
695.5
KB

アルベール・カミュ, 中田平 & 中田たか子の他のブック

2021年
2020年
2022年