• ¥1,700

発行者による作品情報

幕末の思想家・吉田松陰が獄中教育で行った『孟子』の講読、各章読了後の所感、批評、意見等をまとめたものが『講孟余話』である。本書では、編訳者が現代人にとって重要と思われる文章を選び、わかりやすく現代語訳を加えている。さらに余談を組み込み、語句の理解を深められるよう工夫し、付章として「男子の教え、女子の教え」も加えた。松下村塾教育への発端を感じさせる言葉は、教育者の根本にある人々への「愛」に溢れている。巻末の原文を味わいながら、日本の黎明を導いた「愛と正義」の人・松陰の思想を学ぶ。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2014
12月18日
言語
JA
日本語
ページ数
384
ページ
発行者
PHP研究所
販売元
PHP Institute, Inc.
サイズ
1.6
MB

吉田松陰 & 松浦光修の他のブック