日めくり怪‪談‬

    • 3.0 • 2件の評価
    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

ひと夏ぶんの恐怖体験が1冊に!
7月1日から8月31日までのカレンダー方式で、1日1話ずつ読める新感覚の怪談本。

■団地の封鎖された3階部分で目にしたモノ
■祖父が死ぬ前にかぶったお面
■「ママの顔、お尻みたい」
■とあるキャンプ場で繰り返される惨劇
■心霊動画に出て来た女
■子どもの頃に現れた、ずぶ濡れの母子の正体
■大人になる前に死ぬ、と予言された少女を救った秘策
■北海道の無人駅で、旅人が記したノート
■小人を見る女子大生
■オノシタキリコの話
……など、すぐ読めて誰かに話したくなる怖い話、全62話を収録。

☆著者について
吉田悠軌(よしだ・ゆうき)
1980年東京都出身。怪談、オカルト研究家。
怪談サークル「とうもろこしの会」会長。オカルトスポット探訪マガジン『怪処』編集長。
怪談現場、怪奇スポットへの探訪をライフワークとし、執筆活動やメディア出演を行う。
『怪談現場 東京23区』『怪談現場 東海道中』『一行怪談』『禁足地巡礼』『日めくり怪談』『一生忘れない怖い話の語り方 すぐ話せる「実話怪談」入門』『現代怪談考』など著書多数。

ジャンル
小説/文学
発売日
2019年
7月10日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
集英社/集英社ノンフィクション
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
9.3
MB

吉田悠軌の他のブック

2017年
2018年
2018年
2017年
2018年
2022年