• ¥730

発行者による作品情報

俺と彼女――日和の恋は、続いている。

「お、おはよう。深春くん、卜部さん!」

腐れ縁な幼なじみの卜部絵莉。男勝りで気安くて、何の気もない彼女との交流は、それでも日和に少しずつ影を落とす。

そして日和は、俺の知らない場所で言う。

「……ねえ、わたし、邪魔かな?」

聞いてしまえば誰にも逆らえない「お願い」の力を持っていても、誰かの心を変えられても、自分までは騙せない。

海と山と坂の街、尾道。日常の中にあると思われていたこの街にも、俺と日和の、恋にも。

隠せない崩壊の足音は少しずつ近づいていき、そして――。

これは壊れたまま終われないセカイの、もしかして、最後の恋物語。



発売後、第1巻重版!コミカライズも連載中の現在最注目の「セカイ系」恋物語。

ジャンル
小説/文学
発売日
2020
11月10日
言語
JA
日本語
ページ数
150
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
22.8
MB

カスタマーレビュー

ユーザー5528

うーん

恋愛偶像劇だと思っていたら
主人公の程を借りた作者の説教が始まってキツかった

岬鷺宮 & 堀泉インコの他のブック

このシリーズの他のブック