• ¥880

発行者による作品情報

■明治から戦後へ、「土地」が語る失われた歴史

■「闘う建築史家の名著!」 ―― 隈 研吾 「解説」より

「人間の歴史は、土地の上に刻まれた営みの蓄積なのだ。」
近現代史を場所という視点から探るためのキーワード「地霊(ゲニウス・ロキ)」。
土地、建築、街並みが語る声に耳を傾けるとき、
失われた記憶や物語が浮かび上がる。
国会議事堂にひそむ鎮魂のデザイン、
広島平和記念公園と厳島神社の意外な共通点、
渋沢栄一や岩崎彌太郎がゆかりの地に寄せた想い――。
優れた建築を守り伝える時代への転換をうながした建築史家の代表作。

解説 隈研吾(建築家、東京大学教授)


※本書は一九九九年一二月、講談社現代新書として刊行されたものが底本です。


■目次

はじめに ――「地霊(ゲニウス・ロキ)」とは

第一部 場所の拠り所

1 議事堂の祖霊はねむる ――伊藤博文の神戸
2 聖地創造 ――丹下健三の広島
3 本四架橋のたもとには ――耕三寺耕三の生口島
4 故郷との距離 ――渋沢栄一の王子
5 場所をうつす ――渋沢栄一の深谷

第二部 日本の〈地霊〉を見に行く

1 三菱・岩崎家の土地 ――岩崎彌太郎の湯島切通し
2 三菱・岩崎家の土地 ――岩崎小彌太の鳥居坂
3 地方の鹿鳴館
4 川の運命 ――谷崎潤一郎の神戸
5 新興住宅地のミッシング・リンク ――根津嘉一郎の常盤台

おわりに ――なぜ「場所」なのか

[コラム]

消えた丸の内
田中光顕の場所
炭鉱と鉱山・亡者の墓
日本一寒い町に来た男

解説 隈研吾

ジャンル
歴史
発売日
2017
3月25日
言語
JA
日本語
ページ数
189
ページ
発行者
KADOKAWA
販売元
Book Walker Co., Ltd.
サイズ
10.7
MB

鈴木博之の他のブック