日本の宗教哲学 日本の宗教哲学

日本の宗教哲‪学‬

    • ¥7,400
    • ¥7,400

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

【内容紹介・目次・著者略歴】
明治中期以後の日本の宗教哲学の歩みを、代表的な思想家の著作を通して明らかにし、宗教哲学という学問が、わが国においていかに成立し、展開したかをたどり、現代の日本における多様な宗教現象を検証する。

【目次より】
はしがき
序説 宗教哲学の立場
第一章 宗教哲学の成立
第二章 西田幾多郎の宗教哲学
第三章 波多野精一の宗教哲学
第四章 実証的研究の成立と展開
第五章 田辺元の宗教哲学
第六章 西谷啓治の宗教哲学
第七章 回顧と展望 宗教哲学の課題
宗教研究関係著作年表
あとがき

石田 慶和
1928年生まれ。哲学者、宗教学者。龍谷大学名誉教授。初代仁愛大学学長。京都大学文学部哲学科宗教学専攻卒業、同大学院哲学学科修了。文学博士(京都大学・論文博士)。専門は、親鸞の思想。
著書に、『親鸞法語私釈 現代の真宗6』『涅槃経に聞く』『親鸞の思想』『宗教と科学・ニヒリズム』『親鸞「教行信証」を読む』『親鸞聖人と現代』『生きることの意味 ― 現代の人間と宗教』『日本の宗教哲学』『浄土の慈悲』『歎異抄講話』『これからの浄土真宗』『教行信証の思想』などがある。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

ジャンル
宗教/スピリチュアル
発売日
2023年
3月31日
言語
JA
日本語
ページ数
450
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
221
MB

石田慶和の他のブック

『教行信証』入門-浄土真宗の根本と学びの姿勢- 『教行信証』入門-浄土真宗の根本と学びの姿勢-
2020年
生きることの意味 ─現代の人間と宗教─ 生きることの意味 ─現代の人間と宗教─
1993年
これからの浄土真宗 これからの浄土真宗
2004年
真宗入門-宗教的人間の可能性- 真宗入門-宗教的人間の可能性-
2020年
念仏の信心 ─今 なぜ浄土真宗か─ 念仏の信心 ─今 なぜ浄土真宗か─
1996年
浄土の慈悲 浄土の慈悲
2000年