日本の死角 日本の死角

日本の死‪角‬

    • 3.7 • 18件の評価
    • ¥950
    • ¥950

発行者による作品情報

いま日本はどんな国なのか?
私たちはどんな時代を生きているのか?
意外と見えていなかった「日本の謎と論点」

【本書のおもな内容】
●「日本人は集団主義」という幻想
●中国で見た「日本衰退の理由」
●なぜ若者は結婚しないのか?
●「ハーバード式・シリコンバレー式教育」の落とし穴
●日本の学校から「いじめが絶対なくならない構造」
●地方で拡大する「移動格差」
●「死後離婚・夫婦別墓」の時代
●「中国の論理」に染まるエリート学生たち
●若者にとって「個性的」が否定の言葉である理由
●なぜご飯は「悪魔」になったのか?
●「ていねいな暮らし」ブームと「余裕なき日本社会」
●災害大国の避難場所が「体育館」であることの違和感
●女性に大人気「フクロウカフェ」のあぶない実態
●性暴力加害者と被害者が対面したらどうなるのか?
●アフリカ人と結婚した学者が考える「差別とは何か」
●“褐色肌・金髪・青い眼”のモデルが問う「日本社会の価値観」

「『移動できる者』と『できない者』の二極化が進んでいる。かならずしも地方から出る必要がなくなるなかで、都会に向かう者は学歴や資産、あるいは自分自身に対するある種無謀な自信を持った特殊な者に限られているのである。
問題は、そのせいで地方社会の風通しが悪くなっていることである。学歴に優れ、資産を持つ『社会的な強者』だけが抜けていく地方になお留まる人びとには、これまで以上に地元の人間関係やしきたりに従順であることが求められる。
結果として、地方では『地域カースト』とでも呼べるような上下関係が目立つようになっている。移動の機会の減少は、それまでの人間関係を変え、ちがう自分になる可能性を奪う。その結果、親の地位や子どものころからの関係がより重視される社会がつくられているのである」――「日本人が『移動』しなくなっているのはナゼ? 地方で不気味な『格差』が拡大中」より

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2023年
5月18日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
17
MB

現代ビジネスの他のブック

アベノミクスとTPP――キーワードは「後白河法皇」と「合コン」だ アベノミクスとTPP――キーワードは「後白河法皇」と「合コン」だ
2013年
「中国」の読み方――北京のランダム・ウオーカー 2012~2013セレクション 「中国」の読み方――北京のランダム・ウオーカー 2012~2013セレクション
2013年
月刊ブレイブ・セレクション 第9号 月刊ブレイブ・セレクション 第9号
2014年
月刊ブレイブ・セレクション 第7号 月刊ブレイブ・セレクション 第7号
2014年
月刊ブレイブ・セレクション 創刊号  クルーグマン、ブランソン、NYタイムズの注目記事満載 月刊ブレイブ・セレクション 創刊号  クルーグマン、ブランソン、NYタイムズの注目記事満載
2013年
月刊ブレイブ・セレクション 創刊第2号 月刊ブレイブ・セレクション 創刊第2号
2013年

カスタマーはこんな商品も購入

未来の年表 業界大変化 瀬戸際の日本で起きること 未来の年表 業界大変化 瀬戸際の日本で起きること
2022年
年収443万円 安すぎる国の絶望的な生活 年収443万円 安すぎる国の絶望的な生活
2022年
世界は経営でできている 世界は経営でできている
2024年
中流危機 中流危機
2023年
国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶 国民の底意地の悪さが、日本経済低迷の元凶
2022年
首都防衛 首都防衛
2023年