• ¥850

発行者による作品情報

たった18万。

この数字は何なのか? ズバリ立川市のおおよその人口である。

これまで東京23区や全国の大都市、

もしくは県単位で地域を批評してきた当シリーズにとって、

本書で扱う立川市はいかにも人が少ない。



だが、実際の立川には人が多い。

溢れ返っているぐらいである。

JR立川駅は、東京西部屈指のターミナル駅として大勢の人が乗り降りする。

駅周辺には大型の商業施設が充実し、

それらに交じって古くからある飲み屋、風俗店などが健在。



競馬や競輪といったギャンブルもでき、

とにかく老若男女が「遊べる」街だから人が大勢やってくる。

その一方、立川には、国の省庁機関や研究所が集積しており、ターミナル駅なので

オフィスも多く、労働者も大勢やってくる。

さらには周辺に学校も多いから学生も集う。

レジャー、買い物、働き場所、行政サービス、学校――。

立川には何でもあるので、立川市民はもとより、多摩民は立川より都心に行く必要がない。

すなわち、多摩民は立川ですべてが完結してしまうのだ。

つまり、立川とは多摩圏最大の「自己完結都市」といえる。



だが、立川はいつまでもそんな周囲の「腰かけ都市」でいいのだろうか?

そこで本書では、開発、南北地域の違いといったものをデータや取材で追いつつ

立川の本質を探り、さらに広域防災基地としての立川の実力もチェックした。

防災都市なのに断層がある。

近代都市のようだがゴチャゴチャしている。

場末の飲み屋でオッチャンが飲んだくれている。

そんな光もあれば影もある立川の未来をこれから探っていこう。

ジャンル
参考図書
発売日
2011
12月15日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
マイクロマガジン社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
77.2
MB

地域批評シリーズ編集部, 岡島慎二 & 伊藤圭介の他のブック

このシリーズの他のブック