• ¥850

発行者による作品情報

岡山に生まれた筆者だが、18の歳に青雲の志を持って東京に旅立ってから幾星霜(いくせいそう)。気がついたら、東京で暮らした時間のほうが長くなってしまった。しかし、未だに東京で暮らしていて、我慢できないことが山のようにある。



まずは食文化だ。東京で驚いたのは、サワラやイイダコのような魚が、あまり手に入らないこと(岡山の人ならば「地のもの」であるかどうかを気にするだろうが、東京人にその感覚は存在しないこともビックリだ)。

なにより、ラーメンの味が我慢できない。家系が流行ったかと思いきや、豚骨ブームになり……どこでも一定のスタンダードが決まっている岡山のラーメンのほうが奇妙なのかと思ってしまうほど。



食文化以上に相性が悪いのは、笑いのツボだ。まず、人は自分の生まれ故郷を「落として」語り笑いモノにするのが当たり前だと思っていたのだが、そんなことをするのは、岡山県民だけらしい。



……十数年を東京で過ごして、筆者はようやく気づいた。全国標準からすれば「岡山のほうが奇妙」なのだと。岡山は、その昔、大和朝廷に破れて、日本の覇権争いからは脱落したものの、どういった分野でも日本の上位に位置する県だと思っていた。

そもそも、中国地方であるという意識は希薄で、あくまで自分たちは関西文化圏。そして、山陰、四国地方はおろか中国地方の覇者・広島県に対しても絶対的優位な地位にあるのだと。ところが、東京で聞く岡山県の印象といえば「ああ、三十人殺しの……」とか、いわれる始末。



食べ物は豊富で、災害も少ない、新幹線はすべて停車する。テレビも民放5局が全て放送されているし、文化レベルも昔から高い。本書は岡山の暗黒面をぶっ叩きつつ、真の底力を示すべくに編まれた岡山県のスゴさが、よく分かる一冊になっているつもりだ。

ジャンル
参考図書
発売日
2013
1月30日
言語
JA
日本語
ページ数
147
ページ
発行者
マイクロマガジン社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
67.9
MB

昼間たかしの他のブック

このシリーズの他のブック