• ¥1,600

発行者による作品情報

株式市場の市況解説では、「外国人が買い越し」「外国人が強気」といった分析がいの一番に語られるなど、日本の株式市場の上げ下げと外国人投資家の動向は、非常に深く関連しています。
そして、個人投資家の多くは「外国人投資家はうまく儲けている」というコンプレックスにも近い気持ちを持っているため、その動向を常に気にしています。

そこで本書では、みずほ証券のチーフストラテジスト(外国運用機関へのセールス担当)として日々、外国人投資家と接し、内情をよく知っている著者が、以下のポイントについてわかりやすくまとめました。

・外国人投資家とは具体的に誰のことなのか
・いまの日本経済や日本株市場についてどう考えているのか
・そもそも彼らはどういう思考や行動のパターンを持っているのか
・個人投資家が彼らの考え方や行動をうまく活用して儲けるためにはどうすればいいのか
その1 外国人投資家の日本株売買の季節性を活かした売買
その2 外国人投資家の大量保有報告書提出を見て買う
その3 オーナー系企業への長期投資
その4 日本経済全体が悲観されたときに買う
その5 外国人投資家が好きな構造的な投資テーマに注目
その6 将来大きくなりそうな企業をいまから仕込む
その7 身近なところで投資アイデアを探る

個人投資家必読の一冊です!

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2017
12月10日
言語
JA
日本語
ページ数
248
ページ
発行者
日本実業出版社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6.4
MB

菊地正俊の他のブック