• ¥850

発行者による作品情報

マラッカ打通に成功した大連合は、旧蘭印領奪還を目指すオランダ軍の野望を駆逐した。そんな中、北太平洋を哨戒中の『宗谷』がアリューシャン列島で不穏な動きを察知する……。一方、大連合の支援でフィリピンのフクバラハップ主導の独立運動は激化した。フィリピンはアメリカにとっては西太平洋における重要な橋頭堡で、その喪失はNATOの戦略にとっても大きな損失となる。これを解消すべく米軍は意外な策を講ずるのだった!!

ジャンル
小説/文学
発売日
1998
4月1日
言語
JA
日本語
ページ数
247
ページ
発行者
学研プラス
販売元
BOOK BEYOND Co., Ltd.
サイズ
3.1
MB

安芸一穂の他のブック

このシリーズの他のブック