明治時代の湯‪屋‬

    • 4.5 • 2件の評価

発行者による作品情報

明治時代の日本の作家、岡本綺堂(1872年11月15日 - 1939年3月1日) は、小説家、劇作家。東京生まれ。本名、敬二。この作品は底本の「明治時代の湯屋」では文学・評論としてまとめられている。本書で登場するのは、戯曲「修禅寺物語」「鳥辺山心中」、小説「半七捕物帳」など。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1942年
4月2日
言語
JA
日本語
ページ数
9
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.7
KB

岡本綺堂の他のブック

1991年
1991年
1991年
1932年
1990年
1909年

カスタマーはこんな商品も購入

1991年
2013年
1951年
2015年
1992年
1919年