星野リゾートの事件簿2 なぜお客様は感動するのか? 星野リゾートの事件簿2 なぜお客様は感動するのか?
星野リゾート

星野リゾートの事件簿2 なぜお客様は感動するのか‪?‬

    • ¥2,000
    • ¥2,000

発行者による作品情報

注目企業、星野リゾートの舞台裏を大公開――。
「『事件が会社を強くする』」(星野佳路代表)

ビジネスモデルが変わった地方の「グランドホテル」、結婚式の当日に起きた突然のアクシデント、そして宿泊業に大きな影響を及ぼすコロナ禍……。さまざまな「事件」を前に、星野リゾートの「スタッフはどう考え、どう動いたか。

◎事件は続くよ、どこまでも
2010~20年にかけて起きた想定外の出来事がテーマ。「現場チームが果敢にチャレンジするからこそ、当然いろいろな事件は起こる」(星野代表)

◎ドラッカーのイノベーション理論を実践
事件とは「予期せぬ失敗」=イノベーションにつながる可能性のある機会になる

◎はじける現場、突き抜けるサービス
結果、「経理担当は踊り出し」、「若手は畑を耕し」、「ベテランは赤レンジャーになった」!?

【本文より】
ユニークな戦略を次々に打ち出してきた星野にとっても、思いがけないアイデアだったのだろう。提案を聞くと、こう言った。
「それで大丈夫?」
だが、フラットな組織の自由な議論から出てきたアイデアに対して、スタッフの気持ちは前向きだった。 (本書「崩れたスクラム」から)

事件と向き合った一人ひとりのスタッフの経験を、会社のナレッジとして蓄積していく……。そしてそのなかにダイヤモンドの原石のような大きなイノベーションの機会が隠れていると考えている。大事なのは、事件とは避けようとすべきことでなく、活用すべき体験である、ということだ。 (本書「解説」=星野代表=から)

ジャンル
ビジネス/マネー
発売日
2021年
3月12日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
日経BP
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
33.5
MB

中沢康彦の他のブック

星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則 星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則
2010年
星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? 星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?
2009年
星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント 星野佳路と考えるファミリービジネスマネジメント
2014年
あの同族企業はなぜすごい あの同族企業はなぜすごい
2017年
教科書経営 本が会社を強くする 教科書経営 本が会社を強くする
2023年

カスタマーはこんな商品も購入

たった一言でいい流れをつくる「あいさつ」の魔法 たった一言でいい流れをつくる「あいさつ」の魔法
2016年
とことん、「一点だけ」で突き抜ける とことん、「一点だけ」で突き抜ける
2021年
「超」戦略的に聴く技術 「超」戦略的に聴く技術
2022年
「最初の10秒」でお客様を笑顔にする奇跡のルール 「最初の10秒」でお客様を笑顔にする奇跡のルール
2012年
1分間菜根譚 差がつく実学教養(4) 1分間菜根譚 差がつく実学教養(4)
2018年
マンガでわかる ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと マンガでわかる ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと
2018年

このシリーズの他のブック

星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか? 星野リゾートの事件簿 なぜ、お客様はもう一度来てくれたのか?
2009年
星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則 星野リゾートの教科書 サービスと利益 両立の法則
2010年