春楡の木陰で 春楡の木陰で

春楡の木陰‪で‬

    • ¥500
    • ¥500

発行者による作品情報

世界的免疫学者である著者が、初の留学で住んだ1960年代のデンバー。下宿先の老夫婦との交流、ダウンタウンのバーに通って知った豊かなだけではない米国の現実。戦争花嫁だったチエコとの出会いと30年に及ぶ親交。懐かしくもほろ苦い若き日々――。回想の魔術が、青春の黄金の時を思い出させる。そして脳梗塞となって、その重い病との闘いのなかから生まれる珠玉の言葉。自伝的エッセイ。

ジャンル
小説/文学
発売日
2014年
5月25日
言語
JA
日本語
ページ数
240
ページ
発行者
集英社/集英社文庫
販売元
Shueisha Inc.
サイズ
1
MB

多田富雄の他のブック

寡黙なる巨人 寡黙なる巨人
2010年
好きになる分子生物学 好きになる分子生物学
2002年
最終講義 学究の極み 最終講義 学究の極み
2024年
多田富雄 からだの声をきく 多田富雄 からだの声をきく
2017年