発行者による作品情報

「春」は明治から昭和時代にかけて活躍した日本の画家・詩人である竹久夢二の作品。童話劇の脚本として描かれ、山彦に驚く兄妹の話と、兎を猟師から助ける話の2幕で構成されている。装置や衣装に至るまで細かく指定があり、創作活動の幅広さを感じると共に、子どもの世界をいかに愛し、いかに理解していたかが滲み出ている。

ジャンル
アート/エンターテインメント
発売日
2008年
8月2日
言語
JA
日本語
ページ数
6
ページ
発行者
Public Domain
販売元
Public Domain
サイズ
12.8
KB

竹久夢二の他のブック