昭和の戦争、令和の視‪点‬

戸部良一 その他
    • ¥330
    • ¥330

発行者による作品情報

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

(目次より)
●〔対談〕理念・民衆・メディア──
歴史研究から戦争を問い続ける意味
戸部良一×小山俊樹

●満洲事変――1931年
国民と軍部を結びつけた起点
加藤聖文

●盧溝橋事件――1937年
相互不信から生み出された泥沼への道
岩谷 將

●第二次上海事変――1937年
全面戦争への転換点
庄司潤一郎

●ノモンハン事件――1939年
日ソ衝突から学ぶ現代史的意義
花田智之

●大東亜戦争―― ~1945年
「先の戦争」をどう伝えるか
波多野澄雄

ジャンル
歴史
発売日
2021年
8月16日
言語
JA
日本語
ページ数
60
ページ
発行者
中央公論新社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
39.5
MB

戸部良一, 小山俊樹, 加藤聖文, 岩谷將, 庄司潤一郎, 花田智之 & 波多野澄雄の他のブック

1984年
2012年
2018年
2019年
2017年
2021年