• ¥660

発行者による作品情報

都内でただ一軒残っていた寄席が焼失。燃え盛る炎から救い出された八雲(やくも)は、なんとか一命を取り留めた。それから幾日が過ぎ、東京に訪れた春のある日。与太郎(よたろう)こと三代目助六(すけろく)は、小夏(こなつ)に宿った新しい命を知る。満開の桜の下、小夏が初めて八雲に伝えた感謝の言葉を、ラジオから流れる助六の「野ざらし」が温かく包む――。落語を愛し、落語とともに生きた八雲と助六の物語、ついに完結!!

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2016年
9月7日
言語
JA
日本語
ページ数
173
ページ
発行者
講談社
販売元
Kodansha Ltd.
サイズ
62.8
MB

雲田はるこの他のブック

このシリーズの他のブック