• ¥470

発行者による作品情報

時は明治中期。東京の骨董商の娘ミツコは、駐日オーストリア公使に見初められ、結婚する。夫はハインリッヒ・クーデンホーフ伯爵。夫・子供たちと渡った世紀末の欧州は、まさにハプスブルク帝国の終末期。7人の子を授かり、夫の急死後は、クーデンホーフ・カレルギー伯爵家を宰領し、子供たちを育てあげ、激動の時代を生き抜き、ウィーン社交界の華とうたわれたという。ゲランの名香「ミツコ」の名の由来という説もある華やかな人生。その実像を、壮大なスケールで描く歴史長篇!

ジャンル
ノンフィクション
発売日
1996
1月30日
言語
JA
日本語
ページ数
270
ページ
発行者
文藝春秋
販売元
BUNGEISHUNJU LTD.
サイズ
2.6
MB

松本清張の他のブック