• ¥1,100

発行者による作品情報

孤独の中、捜査に没入していた新宿署生活安全課の刑事・鮫島は、北新宿のヤミ民泊で男の銃殺死体を発見した。新上司・阿坂景子は鮫島に、新人刑事・矢崎と組むことを命じる。一方、国際的犯罪者・陸永昌は、友人の死を知って来日する。友人とは、ヤミ民泊で殺された男だった――。一気に読者を引き込むストーリー、脇役まで魅力的なキャラクター、痺れるセリフ、感動的なエピソードを注ぎ込んだ、八年待望のシリーズ最新作!

ジャンル
小説/文学
発売日
2019
11月30日
言語
JA
日本語
ページ数
712
ページ
発行者
光文社
販売元
Kobunsha Co., Ltd.
サイズ
1.5
MB

カスタマーレビュー

パーキン・ファン

『勇気』の再来!

 北への密輸品にタミフル百万人分をモチーフにストーリーは展開され、息も切らずに熱読しました。
 次作『鮫』シリーズに期待します。

大沢在昌の他のブック

このシリーズの他のブック