• ¥1,000

発行者による作品情報

中国の暴走で既存の世界秩序の枠組みが終わり、新たな世界の枠組みが登場するとしたら、そこに日本はどういう立ち位置でどういう役割を担っているのか。国際秩序に一方的に組み込まれるのではなく、国際秩序を形成する側になることは考えてもみないのか。本書はけっして、中国の脅威をあおって日本人の嫌中感情を刺激する目的でまとめられたものではない。むしろ、中国の「暴走」に見える行動の裏に見えてくる世界の変化の中で日本人の認識と覚悟を問いたい、というのが私の願いだ。(はじめにより)

ジャンル
政治/時事
発売日
2016
10月9日
言語
JA
日本語
ページ数
224
ページ
発行者
ビジネス社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
6
MB

宮崎正弘 & 福島香織の他のブック