• ¥800

発行者による作品情報

詐欺集団の人を欺く新戦略とは?

メディアに引っ張りだこの専門家が、騙しの手口を徹底解説。

カモにされない「ちょっとした対策」を伝授!


トラブルを未然に回避!


【本文より】

なぜ、詐欺師らは雨後の筍のように、現れるのか?

端的にいえば、それは、騙される人が、後をたたないからである。

甘い蜜のもとに、多くの蜂が群がるように、簡単に金を取れるという状況がそこにあるゆえに、大挙して、悪い連中が押し寄せるのだ。

騙されないためには「この先、どうなるかを考える力、発想」をいかに持てるかにかかっている。

そのためには最新手口を知り、詐欺師や勧誘者の言動を客観的に見つめることが大事になるのだ。


【内容】

なぜ、人は騙されてしまうのか?

第一章 進化を遂げた詐欺師たち

第二章 衣に包まれた「罠」

第三章 誰が詐欺師に騙されているのか

第四章 詐欺に「巻き込まれる」とき

第五章 詐欺集団の組織力

第六章 詐欺師の勧誘システム

第七章 詐欺師から身を守る


【著者】

多田文明(ただ・ふみあき)

ルポライター、キャッチセールス評論家、悪質商法コラムニスト。

1965年北海道生まれ。日本大学法学部卒。雑誌「ダ・カーポ」にて「誘われてフラフラ」の連載を担当。2週間に1度は勧誘されるという経験を生かしてキャッチセールス評論家になる。これまでに街頭からのキャッチセールス、アポイントメントセールなどの潜入は100ヵ所以上。キャッチセールスのみならず、詐欺・悪質商法、ネットを通じたサイドビジネスに精通する。

著書『地下経済の最新手口に学ぶ ワルの経済教室』『ついていったら、こうなった』『なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?』(以上、彩図社)、『悪に学ぶ黒過ぎる交渉術』(プレジデント社)、『サギ師が使う 人の心を操る「ものの言い方」』『ついていったら、だまされる』(イースト・プレス)、『「絶対ダマされない人」ほどダマされる』(講談社)など。

電子書籍『悪徳商法ハメさせ記 新興詐欺との飽くなき闘争』『人を操るブラック心理術 「Yes」と言わせる交渉の鉄則32』『最新の手口から紐解く 詐欺師の「罠」の見抜き方 悪党に騙されない40の心得』など。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2018
12月22日
言語
JA
日本語
ページ数
163
ページ
発行者
CLAP
販売元
JUMPEI TAKEDA
サイズ
1
MB

多田文明の他のブック