最新版 コロナワクチン 失敗の本質 最新版 コロナワクチン 失敗の本質

最新版 コロナワクチン 失敗の本‪質‬

    • ¥880
    • ¥880

発行者による作品情報

果たしてコロナワクチンに効果はあったのか――。国民の約8割が2回以上のワクチン接種をしたにもかかわらず、感染症は収束することなく、その後の第8波では過去最多の死者数も記録した。当初からコロナワクチンの安全性と有効性を慎重に見極めるべきだと警鐘を鳴らしてきた著者二人がこのワクチンの正体とコロナ騒動の不可解さを追及する。巻頭には文庫版特別対談を収録。

ジャンル
ノンフィクション
発売日
2024年
2月6日
言語
JA
日本語
ページ数
256
ページ
発行者
宝島社
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
1.2
MB

宮沢孝幸 & 鳥集徹の他のブック

京大 おどろきのウイルス学講義 京大 おどろきのウイルス学講義
2021年
ウイルス学者の責任 ウイルス学者の責任
2022年
コロナ脳 ~日本人はデマに殺される ~(小学館新書) コロナ脳 ~日本人はデマに殺される ~(小学館新書)
2021年
ウイルス学者の絶望 ウイルス学者の絶望
2023年
なぜ私たちは存在するのか なぜ私たちは存在するのか
2023年