最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (2) 最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (2)
最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常

最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (2‪)‬

    • 4.3 • 17件の評価
    • ¥1,200
    • ¥1,200

発行者による作品情報

シリーズ累計(紙+電子) 5万部突破!!
各種メディアで話題沸騰の火葬場コミックエッセイ最新刊ついに発売!!

【内容】
火葬場職員とは「人生の締めくくりをしてあげられる素晴らしい仕事」と熱い気持ちを抱き、火葬場職員になることを決意した下駄青年。
その後、見事入社テストに合格し、働きはじめた火葬場は、新人職員にインパクトがあるご遺体の火葬を見せて、その本気度を見るベテラン職員の尾知さんや自身のお母さんの火葬の失敗を機に火葬のスペシャリストになった浦田さん、見た目は今時だけど、しっかり者の後輩職員の鬼瓦さんといった、個性溢れるメンバーが集まる職場だった。
亡くなった方をあの世に送る場所”火葬場”そこでは日々どのようなことが起きているのかーー?
火葬場職員の仕事の流れから、ご遺族様同士のトラブル、ご遺体の火葬など、これまでに1万人のご遺体を見送った男・下駄華緒が明かす新人火場職員時代の壮絶な体験を包み隠さずに描いた作品ですーー。

【目次】
第1話 火葬場で働く僕の日常
第2話 煙仏の火葬
第3話 火葬炉の清掃
第4話 四肢の火葬
第5話 棺のフタを開けてはいけない
第6話 ご遺骨から出てきた謎のはさみ
第7話 ネズミのオッチャン
第8話 ご遺骨をめぐる骨肉の争い
第9話 身寄りのないご遺骨の行き先
第10話 残骨業者
第11話 出血が止まらないご遺体の火葬
第12話 体が大きい人の火葬
第13話 新人火葬場職員がやってきた
第14話 冬の火葬場
★単行本カバー下画像収録★

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2022年
10月7日
言語
JA
日本語
ページ数
128
ページ
発行者
竹書房
販売元
Digital Publishing Initiatives Japan Co., Ltd.
サイズ
117
MB

下駄華緒 & 蓮古田二郎の他のブック

最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常
2021年
最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (3) 最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (3)
2023年

カスタマーはこんな商品も購入

刑務官が明かす死刑の話 刑務官が明かす死刑の話
2021年
不浄を拭うひと (4) 不浄を拭うひと (4)
2022年
不浄を拭うひと (5) 不浄を拭うひと (5)
2023年
女性の死に方 : 2 女性の死に方 : 2
2022年
不浄を拭うひと (3) 不浄を拭うひと (3)
2021年
不浄を拭うひと (2) 不浄を拭うひと (2)
2020年

このシリーズの他のブック

最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (3) 最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 (3)
2023年
最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常 最期の火を灯す者 火葬場で働く僕の日常
2021年