• ¥660

発行者による作品情報

西域の寺院で、三蔵一行は女性の三蔵法師・紗烙三蔵と出会う。彼女は恒天経文の力で結界を張り近辺の集落を守っていたが、ある時、術の要である塔鐘が壊され結界が解かれてしまう。寺院や集落になだれ込む妖怪達。三蔵一行も協力して妖怪と戦うが、紗烙や三蔵の前には紅孩児が現れ――?

ジャンル
マンガ/グラフィックノベル
発売日
2014
7月25日
言語
JA
日本語
ページ数
165
ページ
発行者
一迅社
販売元
Mobilebook.jp, Inc
サイズ
142.7
MB

峰倉かずやの他のブック

このシリーズの他のブック